村田充の病気は何?引退理由になった耳の疾患について調べてみた。

この記事は2分で読めます

村田充さん、引退理由は耳の疾患だったそうですね。

舞台もあったため、医者に入院を勧められましたが、その時は断っていたそうです。

一体、入院が必要な耳の病気って何でしょうね。気になったので調べてみました。

 

メニエール病?

めまいといえばこの病気ですね。

回転性めまい、耳鳴り、難聴の症状が0.5~6時間くらい発作的にでるそうです。

発作が終わると、聴力は回復するのですが、進行していくとだんだんと難聴になってしまうそうです。

 

しかし、案外このメニエール病というのは発症する人が少ない病気とのことです。

また、村田充さんのコメントには難聴はありませんでしたので、違うのかもしれません。

 

良性発作性頭位めまい症?

回天性のめまいがある特定の頭位を取ることで出るそうです。耳鳴りや難聴は起こりません。

これは自然治癒が望める疾患ということで、「新章の幕が上がるかどうかは 耳が回復してから考えたいと思います」と村田充さんのコメントと合致します。

しかし、入院まで勧められるほどなんでしょうか?ここに少し疑問が残ります。

 

突発性難聴?

これは読んで字のごとく、突然耳が聞こえなくなる病気です。

めまいも起こるそうですが、治療が遅くなると回復しないこともあるそうです。

難聴とは言っていませんから、これは違いそうですね。

 

前庭神経炎

めまいが起こる前に風邪にかかっていることが多く、原因にウイルスが関与していると予想されている。

実は村田充さん、喘息なんですよね。

これが喘息さんです。ダンスうまいですよね。

何を隠そう村田充さんです。色んな特技がありますね。

実はインストラクターできるくらいうまいんだとか。

 

・・・ではなくて・・・病気の喘息です。村田さんは。

コメントにもあるように、「めまいと吐き気、気管支の弱さも重なって・・・」とあります。

気管支の弱さはおそらく喘息の事ですね。

喘息ではどうかわかりませんが、風邪になると前庭神経炎になる可能性が上がります。

前庭神経炎が起きると、激しいめまいや吐き気が起こります。そして1週間ほどは歩行が困難になり、その後だんだんと改善していきます。

これなら医者が入院を勧める可能性が高いでしょう。

しかも十分治る可能性もあるので、復帰することも可能かもしれません。

トータルで考えると、この前庭神経炎が一番疑わしいですね。

何はともあれ、完全に治ることをお祈りします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。