手づかみレストランは汚いが人気?ダンシングクラブのコスパが良いから?

この記事は3分で読めます

最近話題のダンシングクラブという名の手づかみレストラン!

マツコ会議でも取り上げられてます!

でも、僕にはなんかちょっと抵抗あります。

名前を聞くとクラブとダンシングで、DJでもいるのかな?と思うのですが、一体どういったとこなんでしょう?

と疑問が出てきたので調べてみました。

 

DANCING CRAB

というシンガポール発のアメリカルイジアナスタイルのシーフードレストランが2014年10月に新宿にオープン。

このクラブはCLUBじゃなくてCRABなので、要は「カニ」ですね。

直訳すると「踊っているカニ」。

何ともおいしそうな名前ですね。

おじさんはどうしてもディスコ的なものを想像してしまいますが・・・

カニなどを食べるのであれば、手づかみということも納得できますね。

実際にはどういったところなんでしょう?

 

ちょっと調べてみると、

 


机の上に食べ物がぶちまけられてるみたいですね。

やっぱり手がべとべとになるようです。

こっちの写真は・・・

 


http://trendy.nikkeibp.co.jpより引用

 

なんということでしょう。。。

 

豪快すぎ!!!

 

( ^ω^)・・・でも、ちょっとやだなぁと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

 

皿もフォークもないようです。

しかし、カニスプーンはあるようですね。

もちろん食べ終わりはこうなります。

 


http://trendy.nikkeibp.co.jpより引用

なぜ人気なんでしょうかね?

 

コスパはいい!

どうやらここが最も良い点ではないでしょうか?

コンボパックなら1人3000円でズワイガニと大海老にサラダとスープ、バケットがついてます!!

量はかなり多めとのことですね。


通常カニの専門店で食べるよりもだいぶ安く量が多いようです。

そしておいしさは間違いないようですね。

 

ちょっとした疑問

なぜ、手づかみでモノを食べたいと思うのか、僕にはちょっとわかりません・・・

何がよいのでしょうか?

 

感想の中には

幼児退行?楽しいのでしょうか?

非日常を感じ取ることが確かにできるかも?

 


とても的を射たことを言ってるような気がします↑↑↑

確かに文化的には手で食べる習慣無いですもんね。

なんで、↑↑↑そりゃ躊躇しますよね、おいしそうですが・・・

 

まとめ

色々と感想見てると、行ってみれば結構楽しかったって意見は多いです。

しかし、圧倒的に違和感を覚える人が多いので、行きたくないって人も多数。

行ったことある人も、一回で満足って感想が多かったです。

まあ、たぶんデートとかには使えないでしょう。

汚れていいような服を着ていかないといけませんし。

単純に一時期の流行りで終わりそうな予感。

5年後もあるのでしょうか?

むしろ無くなってる可能性が高ければ、今のうちに行っとくべきなんでしょうかね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。