マクロン大統領夫妻のファースト犬の画像は?動画なども紹介!

この記事は2分で読めます




フランスのマクロン大統領夫妻が施設から犬を引き取ったことが話題になってます。もちろん大統領の一家に加わるのでファーストレディならぬ、ファーストドッグとなります。
こんな言い方は的外れかもしれませんが、大出世ですよね。心優しい人に引き取られるだけでも運がいいと思いますが、引き取ってくれた相手が、一国の大統領ですからね。
ニュースではラブラドールとグリフォンの雑種とのことでした。グリフォンって聞いたことないぞ?と思ったので、色々調べてみました。

グリフォンとは?

どうやらブリュッセル・グリフォンしか出てこないので、これで間違いはなさそうですね・・・うーん、納得できないことがありますね・・・
何かと言いますと、ブリュッセル・グリフォンは小型犬なんですよね。かなり小さいんです。
顔はこんな感じ↓↓↓

https://www.min-inuzukan.comより引用

体重は2.5㎏~5.5㎏くらいです。ちなみにトイプードルとかチワワとかと同じくらいですね。

そこで疑問があります。

交配できるのか?と・・・

ラブラドールは皆さんご存知の方も多いと思いますが、大体体重が25㎏~40㎏くらいの大型犬で、茶色か黒のすらっとした犬です。

めちゃめちゃ力強いのです。

じいちゃんが飼ってて引きずられて、骨が折れたとかよく聞きます。

人が好きなんでぶんぶん尻尾を振ります。尻尾に当たるとそこそこバシバシ来ます。

いい写真がなかったんですが、ネコの体重は大体4㎏前後なんで、この写真の猫が平均的なグリフォンくらいだと思ってもらって大丈夫です。

顔の大きさとか全然違います。

実は僕、動物関係の仕事をしているので、毎日犬猫に何十頭と出会いますが、こんな体格の離れた雑種は見たことありません。

せいぜい柴犬とラブラドールならわかりますが。そもそもグリフォンって全く出会ったことはありません。

考えられるとしたら人工授精?

でもわざわざそんなことをした子が、施設で飼われてるのは変ですよね?

ここは考えても、調べても載ってなかったので、謎ですね。

もしお母さんがグリフォンなら、間違いなく帝王切開だなと思ってたら、

そもそもグリフォンが帝王切開にめちゃくちゃなりやすい犬種みたいなんですね。




ちょっと脱線してしまいましたが、

ファースト犬の画像と動画です!

https://www.taiwannews.com.twより引用

前にいるのがマクロン大統領ですよ。

http://www.bbc.comより引用

・・・ほぼラブですね。グリフォンの血が見当たらない気が・・・

でもよく見るとラブに比べて小型ですが20㎏くらいはありそうですね。

動画はここから→http://www.bbc.com/news/world-europe-41074413

がさつさがラブに比べてちょっとマシそうな気がするし、賢そうですね。

しかし、ちょっと今回は謎が残ったので、そのあたり時間があれば調べてみようと思います。

ちなみに犬はそんなに安産じゃないですよ。圧倒的に猫の方が帝王切開しないので。豆知識でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。