ルイス・ネリ戦は無効試合?新王者は取り消しなら山中慎介と再戦は?

この記事は2分で読めます

ちょっとショックなニュースが飛び込んできました。8月15日に世界戦で山中慎介選手と闘ったルイス・ネリ選手に薬物使用疑惑が出ており、ノーコンテストになる可能性が出てきました。

試合動画です↓↓↓15分45秒くらいでタオルが投入されます。

まあ、それにしてもルイス・ネリって強いなと思いました。たぶん山中も左フックあんまり見えてなかったんじゃないかな。

もし試合が続行になってたとしても、勝てた可能性はそこまで高くはなさそうな・・・

 

日本ではあの後、トレーナーのタオルが早かったとか、続けてれば後半強い山中が勝ってたとか、色々ニュースで取り上げられてました。僕も応援してて、リアルタイムで見たんですが、タオルが早すぎた感じも否めないなと思ってました。

試合後の山中選手のインタビューで、トレーナーを責めることはないと断言しており、大人な対応で丸く収まってました。が、こんなことが10日もされないうちに報道されるなんてショック以外の何物でもありません。

無効試合?

過去にドーピングで無効試合になった例を調べたのですが、出てきませんでした。ただし、ボクシング界では結構ドーピングがあるみたいで、有名なパッキャオメイウェザーにもステロイド使用疑惑があったそうです。

他にもアンドレ・バートやラモント・ピーターソン、アントニオ・ターバーと言った一流選手に陽性反応が出たことも。

ただ疑惑のまま終わることが多いみたいですね。

今は検査段階なので何とも言えませんが、しっかりと陽性反応が出れば無効試合になるかもしれません。

引退も

山中選手は34歳で、引退も考え始めてる年齢なのは間違いありません。インタビューでは進退についてはもう少し考えるとのことでした。

周りも現役続行なら、再戦はルイス・ネリとだなんて言ってますが、実はドーピングしてましたってことになれば、2度と闘わないでしょう。

もし今回の事で無効試合になったとして現役を続行する場合、山中選手のモチベーションは上がるんでしょうか?何を目標にすればいいのか。スッパリと負けたのならリベンジという目標が出来そうですが・・・

ただ、山中選手の場合、13回以上連続防衛という日本記録が待っていますので、それを目標に頑張ってほしいですね。

何とも後味の悪いニュースでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。