体操白井の成績は?シライ1~3と名前が付いた技の動画集めました!

この記事は3分で読めます

サニーサイドアップという会社とマネジメント契約を結んだ体操白井選手です。サニーサイドアップって会社には中田英寿さん以外に福岡ソフトバンクホークスの五十嵐亮太選手やサッカー元日本代表の前園真聖さんなどもいます。

サニーサイドアップって会社はマイナースポーツの知名度を上げたり企業とスポーツ選手が双方利益がでるようにマネジメントすることなど業務は多岐にわたるみたいですね。

 

白井選手はリオでの活躍が目覚ましかったのが記憶に新しいですが、この人は自分の名前が入っている技がいっぱいありすぎてよくわからん!体操好きの人なら、技のことも良く知ってると思うんですが、なんせミーハーなもんで、オリンピックの時にしか体操って見ません。なのでモヤモヤしてるのもなんだし、オリンピックの事とかも思い出しながら、成績や動画を調べてみようと思います。

成績

第71回全日本体操種目別選手権 (2017年)ゆか優勝

第56回NHK杯体操 (2017年)個人総合2位

第71回全日本体操競技選手権大会 (2017年)個人総合3位

リオデジャネイロオリンピック (2016年)団体総合優勝 / 跳馬3位 / ゆか4位

第70回全日本体操種目別選手権 (2016年)ゆか優勝 / 跳馬5位

第55回NHK杯体操 (2016年)個人総合5位

第70回全日本体操競技選手権大会 (2016年)個人総合2位

第46回世界体操競技選手権大会 (2015年)団体総合優勝 / ゆか優勝

第69回全日本体操種目別選手権 (2015年)ゆか優勝 / 跳馬5位

第45回世界体操競技選手権大会 (2014年)団体総合2位 / ゆか2位 / 跳馬4位

第68回全日本体操種目別選手権 (2014年)ゆか優勝

第44回世界体操競技選手権大会 (2013年)ゆか優勝 / 跳馬4位

第67回全日本体操種目別選手権 (2013年)ゆか優勝

第66回全日本体操種目別選手権 (2012年)ゆか5位

http://taisou-nippon.jpより引用 

 

とまあすごいですね。2012年から2016年までゆかで優勝しまくってますね。それと跳馬が強いですね。

体操にはほかに鉄棒あん馬平行棒つり輪がありますが、そこでは2015年までは成績を残していませんでした。しかし!第55回NHK杯体操 で個人総合5位に輝いてます。さらに翌年の第56回NHK杯体操では個人総合2位になってます。優勝者があの内村航平選手なんで仕方がないですが、今や国内で内村選手に次ぐ2番手と成長してきてるのがよくわかりますね。

しかも調べてみるとかなりの僅差で負けたんですね。ここまで内村選手を追い詰めるなんてすごい!

10月に世界大会があるのでそこで内村航平選手を抜いて優勝するかもしれません。楽しみですね。

 

シライ1

シライ1じゃなくてシライ・キムヒフンなんですね。知らんかった。

しかもこれ跳馬なんですが、シライ・グエンって技もゆかであるんですね。

 

目が回らんのかな?ってほど回転してますね。

オリンピックとか見てても、正直スローで見ないと何回まわってるかわからん!ってよくなります。

ちなみにシライ・キムヒフンは伸身ユルチェンコとび3回ひねりで、シライ・グエンは後方宙返り4回ひねりです。

ユルチェンコ?なんだこの緩い名前は?

ロンダート(側方倒立回転跳び1/4ひねり後向き)から後転跳び後方かかえ込み宙返り。1982年発表。名称は旧ソ連の体操選手、ナタリア・ユルチェンコから。

https://kotobank.jpより引用

 

とこれよくわかんないんで動画見てみると

跳馬する前に側転みたいなのを入れることのようですね。

 

シライ2

どうなってんの?ってくらい回ってます。これがシライ2で伸身ユルチェンコとび3回半ひねりだそうです。

 

ゆかバージョン、前方宙返り3回ひねり

シライ3はこれよりひねるのか?

シライ3

と思ったら、ひねりながら2回転!跳躍の高さがすごいですね。後方伸身2回宙返り3回ひねりだそうです。


【体操】白井健三 跳馬で新技「シライ3」shirai kenzo gymnastics new… 投稿者 sports-music-animal

 

そして跳馬は今年2月にはじめて種目別ワールドカップで成功しました!

シェルボ2回ひねりです。

 

いやー、まだ21歳!自分の名前が付いた技がこんなにある選手っていないんじゃないでしょうか?とにかくひねりすぎですね。海外ではツイストマイスターって言われるほどなんだとか。

これからの活躍に期待ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。