イチロー 下がり打ち 動画!ハッピーフィート打法の名前の由来は?

この記事は2分で読めます

イチローがマンガみたいな打法でヒットを打ったと聞いたので、探してみました。

これですね。


どうやらこの日はダルビッシュを含むピッチャーの調子が悪かったので、最終的に野手がピッチャーをしたらしいのです。

もちろんピッチャーなんか勤まるわけもなく、ボッコボコの4連打を食らうわけです。

そしてイチローの打順が回ってくるのですが、明らかにボールなコースに対しても審判はストライクの判定。そこでイチローはどんな球でも振るということを決めたそうです。

その結果がこの「下がり打ち」になったそうです。

ここですごいのは、どんな状況でも最善を尽くそうとする姿勢ですね。こんな状況になったら、僕ならお情けで三振してやってもいいかな、なんて思いますが、イチローは「こちらも真剣ですからね」とコメントを残してます。

下がり打ちの技術はもちろんですが、精神も完璧にプロですね。

ちなみにこの打ち方は現地ではハッピーフィート打法と呼ばれました。

ハッピーフィートって何?

「ハッピーフィート」とはアメフトなどでクォーターバックがスロー直前に相手をかわすために見せる細かいステップだった。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00010000-theanswer-base&p=2

とありますが、どんなステップだろうと思って探しました。おそらく下の動画のようなステップなんだと思います。

うーん、あんまり似ていないような気もしますが、さすがはアメリカ人、パッとアメフトを連想するんですね

 

よく考えるとイチローっていろんな必殺技があるような気がします。

イチローのすごいとこ集めました。

 

・振り子打法

 

・レーザービーム

 

・ハッピーフィート打法

 

・走塁(忍者?)

 

捕球(忍者?)

 

いやー、改めて見るとすごすぎますね。まだまだがんばってほしいです!

さてこんな技術を持っているイチローですが、最近の成績はというと打率は2割5分で少し低迷気味ですね。

そろそろ日本に帰ってきてくれないかなぁ。。。日本で活躍が見たいっすね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。