わかやまけんとミッフィー?しろくまちゃんやこぐまちゃんの作者です。

この記事は3分で読めます

若山憲さんが実はお亡くなりになっていたそうです。しろくまちゃんこぐまちゃんには小さいころお世話になりました・・・

そして今息子にも「しろくまちゃんのほっとけーき」を読み聞かせています。まさに不朽の名作です。

何気なくお世話になってた人が亡くなられてたとは・・・人の命は有限ですが、残された作品は永久に残ると思います。

http://www.kogumasha.co.jp

と、なんだか少し切ない気分になってます。これを機に若山憲さんのことを調べてみようと思いました。

 

出身は?

若山憲→わかやまけん→和歌山県!と勝手にひらめいたのですが、出身は岐阜県です。そして本名です。

うーん、なんとなく和歌山県に愛着を持ってたんじゃないだろうか?と勝手に思ったりしてます。名前って案外すごい力を持ってるんで、和歌山県を意識しててもしてなくても何かしら。。。ね。

 

ミッフィーの作者は?

と思って調べてみました。

ミッフィーの作者はオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんという方です。

TO GO WITH AFP STORY BY ALIX RIJCKAERT: Picture taken 23 February 2005 shows illustrator Dick Bruna at the opening of his exposition of Miffy creations in Madurodam, the Hague. The Netherlands on Thursday will mark the 80th birthday of a favorite son, illustrator Dick Bruna whose iconic white rabbit “Miffy” has charmed children worldwide, particularly in Japan. AFP PHOTO/ANP/INGE VAN MILL EDS NOTE: NETHERLANDS OUT (Photo credit should read INGE VAN MILL/AFP/Getty Images)http://www.huffingtonpost.jp

めっちゃやさしそう。子供が好きなんでしょうね。

しかし、今年の2月16日にお亡くなりになっています。

 


ミッフィーも泣いています。

世界のブルーナさん、日本のわかやまけんさん、実はどちらもこの世にいないのですね。またまたショックです。

ちなみにミッフィーは全世界で9000万部ほど売り上げています。途方もない数ですね。

わかやまけんさんは日本で900万部です。

最盛期の週間少年ジャンプが600万部ですのでそれを超えちゃってますね。

わかやまけんとミッフィー?

なぜ、わかやまけんと入力するとミッフィーが出てくるのか不思議でしたが、おそらく2人の作風が似ているからなんでしょうね。

若山憲さんの評価が日本のミッフィー(ディック・ブルーナ)だ!といろんな人が書いてました。二人が会談したとか言う話は見つかりませんでした。

好みはあるとは思いますが、どちらも非常に親しみやすいキャラクターで大好きですね。

しかし、絵本作家って本当に子供が好きなんだろうなと思います。そしてみんなに愛され、親しまれてる。でなければ

 

こんなことにも使われないだろうしね。

わかやまけんさんはパーキンソン病でも描き続けたそうですね。

ちょっと話はズレるかも知れませんが、アンパンマンで有名なやなせたかしさんも、亡くなる前までずっと仕事をしていたそうで、頭が下がる思いです。

そしてここに挙げた偉大な絵本作家さんはみんなめちゃ長寿です。

わかやまけんさん85歳ディック・ブルーナさん90歳やなせたかしさん94。すごい!

何でかなと思ったけど、みんな生きることが楽しかったからじゃないかなと。子供たちに夢を与えるのが楽しかったのではないかと。

 

今回はちょっとセンチメンタルな気分になっちゃいましたが、この人たちがいたおかげで、良質の絵本を子供に読んであげることができるんだ、と感謝しながらがんばります!

息子よ!本を読むから、今日こそ早く寝てください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。