始業前に体操は違法?早朝体操のメリットや体操の種類など調べました!

この記事は2分で読めます

スズキ自動車の相良工場では就業時間前の体操や朝礼に賃金が支払われていなかったとのことで問題になっています。

どうやら、自主的に体操するのであれば、ぜんぜん問題そうなんですが、強制的にするのであれば労働時間とみなされるそうです。実際自主的と言われても、みんなが体操してればせざるを得ないでしょうね。

よく経営者側の言い訳で「自主的にしていた」とのたまうようなんですが、結局お金を支払っているところから、自主的ではなかったんでしょうか・・・

ちなみに相良工場の従業員数は1,519人です。自給1000円として、1日5分で1年間大体240日と考えると・・・30,380,000円

結構恐ろしい数字ですね。何年間さかのぼって支払ったのかわわかりませんが、結構な額を支払ったことは間違いなさそうですね。

しかし、日本人はラジオ体操を始め、早朝に体操するのが大好きですよね。中国の太極拳もそうですが、朝に体操するのはどんなメリットがあるのでしょうか?気になったので調べてみました。

 

朝体操するメリットとは

1 眠っていた体がしっかり起きる。

2 血行がよくなり筋肉や脳へ血液が行き渡る。

この2点が特に重要ですね。

体がしっかりと起きるまでには何もしなければ通常3時間ほどかかるといわれています。しかし体操をすることでしっかり神経が活性化し、爽快な気分になります。

また血行がよくなり、頭がすっきりします。仕事の能率も上がるんじゃないかな。

そう考えると工場勤務などでは最適な朝のルーチンワークですね。会社側は給料を払ってもする価値はありそうです。

 

体操の種類

 

一番代表的な体操といえばラジオ体操ですよね。現在ラジオ体操をする人は日本で3000万人になるとか。4人に1人はしている計算になります。すごい数字。

ラジオ体操は男性で5回、女性で3回繰り返すと、1日分の運動ができるそうです。

実はラジオ体操でも幻のラジオ体操第3があるのはご存知でしょうか?

これです。

結構ハードですね。

さらにラヂオ体操第4です。

これは・・・「さすがインストラクター!俺たちにできないことを平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!

 

さらに第5です。


うーん、もうラジオ体操じゃないよね・・・

どうやら第4、第5は正式なものではないそうです。そりゃそうか。

 

さらに、年齢、性別、障害関係なくできるのがみんなの体操です。

 

小学校のときからまともにラジオ体操に取り組んだことはないけど、改めて見るといろいろと考えられた体操ですね。

最近だんだんおなかも出てきたし、これを機にがんばって明日からしてみようかな・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。